茨城県で四十肩・五十肩の治療を行っているはり灸院

受付電話番号 090-2155-6965  休診日:日曜日、祝日   更新2018-10-30
五十肩でお悩みの方ぜひこのホームページをご覧下さい。

実際に高野はり灸院にはどの様な五十肩の症状の方がいらして、どの様な施術を行っているのか、一部の症例を載せてご紹介しております。

女性 鉾田市在住 50歳台
 
平成30年10月25日
〔症状〕
・右肩がズボン等上げる動作や、ポケットに物を入れる動作、車のシートベルトを取りに行く動作の時に痛む、またエプロンなど縛る時に手が後ろに回らない。
・以前より首や肩のコリはつらい。
・昨年の8月に交通事故で肋骨にひびが入ったがそれ以外の外傷はない。
〔検査〕
・右腕を横から上げたら45度ぐらいまで上げると痛む、前方より上げると120度ぐらいまで上げると痛む。
〔施術〕
・右足のA4、A17、腰のS1 に鍼を行うと腕の横上げが100度、前方は160度ぐらいまで上がるようになった。
・右腕を横に挙げて肘を直角に曲げて術者が支えながら、手先を下方や上方に動かすと肩関節の前側が痛むので、右手のT5、T6に鍼を行う、手先を下方や上方に動かす範囲が広がる。
・右腕のT13、T17に鍼を行う。
・右側の臀部のS21に鍼を行い、腰の脇の筋肉を少し軽めに押圧を行う。
・足のA28にお灸を行う。
・施術後、肩の動きが来院前より良くなっているので、2~3日たってから次回の治療を行う異にしました。
 
平成30年10月29日
〔症状〕
・前回来院する前に比べて楽になっている、シートベルトもどうにか手が届くが痛みはある。
・ズボン上げも前より良い、まだ痛みはある。
〔検査〕
・右腕を横から上げたら90度ぐらいまで上る、前方は150度ぐらいまで。
〔施術〕
・右足のA4,A17,腰のS1,臀部のS21に鍼を行う。
・右腕を横に挙げて肘を直角に曲げて術者が支えながら手先を上方に挙げる時は痛まないが下方に下ろすときに10度ぐらいで痛む、鍼をT5とT13,T17に行う、下方へ60度ぐらいまで下がるようになった。
・腕や手を押圧すると痛むので、肩甲骨の外側のS22,S23,S24,S25,S26に鍼を行ったら腕も楽になったが肩関節の動きも楽になり、それまで肩を動かすとボキボキなっていたのが少なくなった、お客様本人もおどろいていました。
・また次回の予約をいただいて本日は終了いたしました。

準備中

準備中

こちら記載されているのは当院の施術例になります、効果については個人差がございます。

四十肩、五十肩の治療検索サイトの紹介

 LinkIcon四十肩、五十肩の勘どころ
・四十肩・五十肩の原因・症状・治療法(治し方)から、リハビリ・体操・ストレッチ。ツボ・マッサージ・病院・治療院検索など、予防と解消の為の知識を身につけて頂くサイトです。


四十肩NAVI
・四十肩の原因や対処法の総合サイト